50代は美容クリームをたっぷり使うことが大切?

化粧水にしても、美容クリームにしても、塗った後に乾燥が気になったり、ちょっと物足りなさを感じた場合、重ね塗りが効果的です。

とは言え、肌が浸透できる水分量は決まっているので、何度も化粧水をパッティングしても、一定の量からはムダとなってしまいます。

目安は肌がひんやりとしてきた時です。その後、その水分を逃さないように美容クリームでしっかりとフタをしましょう。

最近、若年層も乳液よりも美容クリームの方がしっとり肌になるとクリーム派が増えてきています。

さらに、美容クリームを多く塗るクリームパックをすると、簡単に肌がプルプルになるとSNSなどで話題となっています。

クリームパックをする場合、別途パックを買わずに済み、しかも今の肌に合うものを使うので、肌荒れの心配もありません。

ただ、間違えてはいけないのは、大量のクリームを塗った後、10分程度そのままにした後は、肌に残っている分は拭き取らないとなりません。

美容クリームは見た目こそクリーム状ですが、成分で一番多いのは水です。

そして肌は、外から浸透できる水分量も、セラミドなどの成分の浸透量にも上限があります。

 

50代は肌が乾燥しているからといって、大量の美容クリームをのせたままは良くない

 

 

化粧水同様、美容クリームを肌に残ったままにしておくと、乾燥する際に肌が持つ水分も一緒に蒸発させてしまいます。

乾燥肌だから大丈夫だと油断しないで下さい。

しかも油分が多いので、肌の上で酸化を起こしたり、角栓やニキビの元になります。

50代の肌の場合、ニキビこそできなくても、くすみの原因にもなります。

10分程度時間をおいている間に、必要な成分は肌に与えられますので大丈夫です。

ちなみにこの美容クリームパックは毎日しなくてもOKです。

肌が疲れているなと感じる時や、乾燥がひどい時のスペシャルケアのようにして下さい。

また夜のスキンケアをする際、お風呂上がりと寝る前にタイムラグがある方は、2度美容クリームを塗るという方法もあります。

スキンケアは1日2回と決められているように思いますが、コンディションに合わせて増やしても問題ありません。

むしろ、一度に大量に塗るよりも、こまめな補給の方が肌には効果的です。

乾燥しやすい部位を中心に美容クリームを塗れば、就寝中の乾燥から肌を守ることができます。

 

夜用のナイトクリームは、美容成分がしっかり配合されているので50代におすすめ

この時、スキンケアとは別に、専用のナイトクリームがオススメです。

ナイトクリームとは、夜に使うことを考えて作られているため、高保湿、高油分です。

夜間の乾燥する間にしっかりと油分で保護膜を作り、乾燥から肌を守ります。

さらに、就寝中の成長ホルモンによるダメージケアの働きをサポートする美容成分が配合されているものが多いので、より一層美肌に効果的です。

50代の肌は乾燥しているので、できるだけリッチな保湿が必要です。

乾燥というと水分不足ということで、ジェル状のものを選びがちですが、油分が足りないから乾燥している人が多いのが50代です。

油分を味方につけたケアで、乾燥やダメージから肌を守って、うるおいのあるツヤ肌を目指しましょう。

震えるバナー

関連記事

  1. 50代の敏感肌の私がエタノール入りの美容クリームが苦手な理由

  2. べへニルアルコールって何?50代のお肌に悪い?

  3. 50代の肌のしわや乾燥が気になる人は、皮脂を取りすぎてない?

  4. 50代はお肌のきめが乱れる?

  5. 肌トラブルに悩む50代は周りに相談することも大事

  6. 50代に基礎化粧品はそんなに必要なの?

  7. 50代のシミやシワにはどんな美容クリームがおすすめなの?

  8. 50代の肌に必要なセラミドとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代はどんなクリームファンデを使ってる?

  2. 50代はどんなクリームファンデを使ってる?

  3. 50代はどんなクリームファンデを使ってる?