50代は美容クリームと乳液って両方使う必要があるの?

乳液と美容クリームが一緒になったトライアルやキットがたくさん出ていますよね。

朝用、夜用としているものもあれば、乳液の後に美容クリームと記載しているものもあります。

違いは何でしょうか。

まず、乳液と美容クリームに期待される効果は大きく分けて2つです。

  1. 化粧水などで与えた水分の蒸発を防ぐフタ
  2. 紫外線や乾燥などの外的刺激から守るベール

乳液も美容クリームも求められる働きは同じなのです。

 

乳液と美容クリームの違いは?

違いは油分量の違いです。

水分が多いのが乳液、油分が多いのが美容クリームです。

乳液の長所はサラッとして、化粧水との相性が良く、肌になじみやすいので、メイク前に使用してもヨレにくいということです。

短所は、水分保持力が短く、乾燥しやすい点です。

美容クリームは油分が多い分、美容成分をたくさん配合でき、水分保持力が強く、乾燥しにくいことです。

短所は、リッチなものほど、ベタつきや皮膜感が出ます。

朝と夜とで分けているのは、それぞれの特性を生かした提案をしているからです。

乳液の後に美容クリームを使うように推奨されている理由の一つは、配合されている美容成分が異なるということです。

たくさんの美容成分を配合するためには限界があります。

より増やすには乳化剤等を使うしかありませんが、乳化剤が増えると、肌負担も大きくなります。

それに微量ずつ美容成分を配合しても、少なすぎて、何も効果が出なければ、ただ配合しているだけという結果になってしまい、消費者は離れてしまいます。

それらを解消するために、乳液と美容クリームにそれぞれ違う美容成分を分けていれるのです。

また美白成分など乾燥しやすい成分は、美容クリームに入れることで、保湿効果に助けられるなどのメリットがあります。

もちろん、化粧品メーカー側からすると、たくさんのスキンケア用品を揃えてもらう方が収益につながるという目論見もあります。

しかし重ねるほどに、乳化剤や防腐剤などの肌負担となる刺激物も重ねることになるから、肌には良くないと考えるメーカーもあります。

人によって肌が違うように、スキンケアへのこだわりや考え方もメーカーによって違います。

だから、最終的な判断は使用者に委ねられています。

 

50代は、どんな使い方にするかは自分の好みで使い分けよう

 

40代になると、乾燥しがちなので、乳液の後に、特に乾燥が気になる部分だけに美容クリームを使うという方法もありますし、乳液自体やめて美容クリームだけという手もあります。

重ねづけをすると、かなりもっちりとした吸いつくような肌になるので、両方をしっかり塗る人もいるでしょう。

こればかりは好みです。

その時に合ったスタイルで、増減すれば良いと思います。

スキンケアは肌に合わせて自由に変えていくもの。

そんな柔軟性こそが、肌状態を良くするのではないでしょうか。

震えるバナー

関連記事

  1. 冬が来た!50代の乾燥肌におすすめの美容クリームって?

  2. 50代の敏感肌の私がエタノール入りの美容クリームが苦手な理由

  3. 50代の女性がこれから冬が来る前のお手入れとは何?

  4. 綺麗でいたいと思い続けることが、50代が綺麗でいる秘訣

  5. 50代にすすめたい、美容クリームの効果的な塗り方ってあるの?

  6. 医薬部外品の定義は?50代女性のお肌に良いの?

  7. 50代のシミやシワにはどんな美容クリームがおすすめなの?

  8. 美容クリームが50代におすすめな理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代はどんなクリームファンデを使ってる?

  2. 50代はどんなクリームファンデを使ってる?

  3. 50代はどんなクリームファンデを使ってる?