肌断食って聞いたことあるけど、50代のお肌にどうなの?

肌断食という美容法を聞いたことはありますか?

現在、スキンケア製品は数多くあります。

化粧水だけでも、ふき取り化粧水・導入化粧水・保湿化粧水などがあります。

多く塗れば塗るほど、アイテムを増やすごとに、乾燥が怖くて、減らすことが怖くなるような状態になったことはありませんか?

 

肌断食は肌本来の再生能力を取り戻すために行う

肌断食の考え方は、スキンケア化粧品の使いすぎが肌本来の再生力を衰えさせる原因とし、スキンケアに頼らない肌へと戻すという考え方です。

最も有名なのは宇津木式と呼ばれる肌断食です。

シワ・たるみの治療と予防を専門にする美容クリニックを開く宇津木龍一医師が提唱された美容方法です。

スキンケアの特徴は、洗わない・こすらない・何もつけないというかなりストイックなものです。

  1. 洗顔は水洗顔
  2. メイクを落とす場合は純石けんのみ。だから、メイクは純石けんで落とせるようなものを選ぶこと。
  3. 洗顔後は化粧水も美容クリームも何も使わず自然放置。
  4. 乾燥部位・敏感部位に使えるのはワセリンのみ。
  5. 日焼け止めは使わない

スキンケアに頼るのではなく、肌本来の再生力と修復力によって、肌を保湿するという考えです。

従来のスキンケアの常識を、真っ向から否定する方法として話題になりました。

何もつけないので、お金も手間もかからないので、誰でもすぐにでも始められます。

ただ、当然のことながら、洗顔フォームを使わないとしても、水洗顔の後の肌は乾燥します。

必要なことは忍耐です。

ツッパリを感じても我慢すること。

そして2~3週間は肌がボロボロになるけれど、それも肌の変化の時として我慢すること。

この我慢を乗り越えた先に、皮脂量と水分量が正常に整い、肌バリア機能が蘇るとのことです。

かなり極端で斬新なスキンケア方法です。

たとえば、ヤケドをしたり、傷を負っている時は、人工的なスキンケア製品は控えようと思いますが、それは緊急事態だからですよね。

 

個人的な意見としては、50代には肌断食はあまりお勧めできない

10代の思春期の皮脂が過剰に分泌する時でさえ、洗顔後の肌のつっぱりが気になるというのに、50代の20代の水分・油分量が半分にまで落ち込む時に、あえてこの荒治療とも言えるスキンケア方式が合うのかと、半信半疑です。むしろ、あまりオススメできない……というのが、私の個人的な気持ちです。

ただ、365日メイクをしているという方は、週に1度はメイクをしない日がある方が肌を休めることができますし、洗浄力が強いクレンジング料を使わないで済むので、肌には優しいでしょう。

さらに薦められるがままにスキンケア用品を増やしすぎで、肌が弱っているかも…と感じている方は、美容クリームだけ残しましょう。

美容クリームは水分も補給することができますし、フタの役割があるので、水分の蒸発を防ぐことができます。

宇津木式のような肌断食は人を選びます。

あらゆる手を尽くした!どんな方法であれ試してみたい!という方は思い切って取り入れるのも良いかもしれません。

震えるバナー

関連記事

  1. 美容クリームが50代におすすめな理由

  2. あなたの肌、見られてますよ!50代の乾燥した肌は魅力が半減

  3. 50代の肌に必要なセラミドとは?

  4. 美容クリームの成分で見つけた、エタノールではなく、セタノールって何?

  5. 無添加って何?50代のお肌に良いの?

  6. 50代のシミやシワにはどんな美容クリームがおすすめなの?

  7. 敏感肌の50代なら知っておきたい安全な化粧品の最低条件

  8. べへニルアルコールって何?50代のお肌に悪い?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代の私が使った美容クリーム

  2. 50代の私が使った美容クリーム

  3. 50代の私が使った美容クリーム