美容クリームが50代におすすめな理由

ハリと潤いを失う50代の肌の原因は水分・油分・女性ホルモンの減少によって引き起こされると言われています。

水分・油分が減少することで、肌は潤いを失い、バリア機能が落ちます。

これが、結果的にシワやシミに繋がります。

また更年期を迎えることにより、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少することで、コラーゲンの生成力が落ちます。

また、人が本来持っている、細胞分裂をコントロールするグロースファクター(細胞再生因子)というたんぱく質も加齢ともに減少しています。

ちなみにグロースファクター(EGF)は20歳で一旦がくりと減少し、その後、なだらかに減少の一途をたどるのです。

18~20代の最大値の頃と比較すると、50代は半分以下にまで減少しています。

 

50代の肌のターンオーバー周期は20代の時に比べると2倍かかる

新陳代謝の源でもあるグロースファクターが半分にまで減少しているということは、すなわちターンオーバーの周期が2倍かかるということです。

単純計算すると、20代でターンオーバー周期が28日とするなら、50代は56日もかかってしまうということです。

現実問題として、老化は食い止めることはできませんが、お手入れ次第で、見た目年齢は変えることができます。

エイジングケア用のスキンケアはたくさん出ているけれど、一体何が良いのかと悩んでしまいますよね。

50代の肌に必要なのは、まずは水分と油分です。とにかく保湿をすることです。

保湿だけはしっかりしているけれど、潤わないと感じるのは浸透力と保持力にあります。

まず、水分を浸透しない一番の理由は、角質肥厚が起こっているからです。

角質肥厚とは、古い角質がはがれ落ちずに肌に残っていることです。ターンオーバーに時間がかかると起こる現象なのですが、乾燥した場合も起こります。

肌の水分が足りないから、蒸発させまいと分厚くしてしまうのですね。

海に行った後に、肌がごわごわしたと感じるのは、乾燥して水分が足りないからなんですね。

そうすることで、余計にスキンケアの浸透を悪くしてしまう悪循環が生まれるのです。

ただ、50代の肌は基本的に乾燥しているので、若い子よりも原理的には浸透しやすいです。

シャワーを浴びた時に、子供の肌は水が肌の上で丸い粒になりますよね。でも年を重ねるとべちゃっとつぶれます。

水を弾かない肌というのは、反対に言うと浸透しやすいということ。

でも乾燥してしまうというのは、皮脂が足りないので、保持することができずに蒸発してしまうからです。

むしろ50代の肌に多いのは後者だと思います。

 

50代は皮脂の代替効果のある美容クリームを使うことがとても大切

だから皮脂の代替効果のある油分を含んだ美容クリームを重視すべきなのです。

美容クリームならば、与えた水分、美容成分を蒸発しないフタとしての働き、美容クリームそのものが水分や美容成分を肌表面から届ける働きの2つの効果があります。

塗り薬を見ていても、テクスチャーの多くはクリームタイプです。

長時間、肌に留まることができて、効果を発揮することができる、最善のテクスチャーがクリームだからでしょう。

スキンケアの見直しというと、どうせフタするだけだからと美容クリームを軽視して、化粧水や美容液を変える人が多いのですが、そのフタの役割こそが、50代の肌には大切なことです。

震えるバナー

関連記事

  1. 50代にすすめたい、美容クリームの効果的な塗り方ってあるの?

  2. 冬が来た!50代の乾燥肌におすすめの美容クリームって?

  3. 50代になると皮膚が水をはじかなくなるのはなんで?

  4. しみやくすみ、透明感あふれる肌になりたい50代なら絶対このクリーム!

  5. 50代は美容クリームをたっぷり使うことが大切?

  6. キャメルやベージュのリッチな色が似合うのは50代!だから美容クリームで…

  7. 肌トラブルに悩む50代は周りに相談することも大事

  8. あなたの肌、見られてますよ!50代の乾燥した肌は魅力が半減

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代の肌悩み別美容クリーム

  2. 50代の肌悩み別美容クリーム

  3. 50代の私が使った美容クリーム