無添加って何?50代のお肌に良いの?

50代になると、水分・油分が減少しているところに、追いうちをかけるように美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンまで減少するので、肌のハリが失われてしまいます。

さらに単に乾燥するだけでなく、肌自体も薄くなってしまいます。

角質をふき取ったり、酵素洗顔など、肌に負担がかかるようなお手入れをしていなくてもビニール肌になってしまうのが50代です。

肌が薄くなると、ちょっとした刺激にも過敏に反応してしまうので、できるだけ肌に優しいスキンケアを探してしまいますよね。

無添加と見ると、肌に良さそう!と思ってしまうのも、至極自然な反応です。

そもそも無添加とは何なのでしょうか。

無添加の定義って?

化粧品は薬機法によって、効果・効能についての表現が細かく規制されています。

医薬部外品のスキンケアならば「美白に効果的」という表現をしても良いのですが、化粧品ならば記載してはなりません。

しかし無添加については厳格な制約がありません。

無添加と聞くと、肌への刺激物オールフリーという印象を持ってしまいますが、実は違います。

食品添加物の場合、厚生労働省によって特定の品目が定められていますが、化粧品については指定されていません。

だから、各メーカーの判断で記載できるのです。

たとえば、合成着色料不使用、アルコール、防腐剤、石油系界面活性剤は使用のスキンケアでも、「合成着色料無添加」いう文言は記載できます。

でもつい無添加だけが目に留まってしまうのですよね。そこに錯誤が生まれてしまうのです。

刺激が気になる敏感肌の方はまずは成分表をしっかりと読むことが大切です。

無添加や低刺激をセールスポイントにしているメーカーは「5つの無添加」など、肌に刺激を与えるものを最大限に省略し、添加物の少なさを大きく謳っています。

 

アンチエイジングと無添加は両立できる?

肌刺激が少ない無添加処方のスキンケア製品を使う方が、肌トラブルを回避しやすいので、50代の弱った肌には優しく浸透します。

そして健やかな肌になると有効成分も浸透しやすくなりますし、肌本来が持つ透明感が生まれます。

また、無添加処方のエイジングラインも発売されています。

例えば、エタノールは肌への刺激が強いけれど、浸透しているという実感、使用感を向上するという役目も持っています。

無添加のエイジングスキンケアは、何か物足りないかな?という気持ちにもなってしまうかもしれません。

しかし使い心地が物足りなくても、水分と油分がきちんと補給されていれば、肌はみちがえってきます。

 

  1. まとめ

抵抗力の弱まった50代のお肌の場合、添加物が少ないほど、肌トラブルは軽減されます。

ただ無添加処方のエイジングラインの有効成分を見ていると、ヒアルロン酸やコラーゲンなどシンプルなものが多く、どちらかと言えば、肌本来の良さを引き出して美肌へと導くという印象があります。

一方、ハイブランドのエイジングラインは、最先端科学で打ち出された、ブランド独自の人工的な有効成分を配合していることが多いです。

肌が持っているものを生かすか、新しいものを取り入れてみるか。

結局、実際に自分のお肌で試し、合う・合わないを知っていくことが一番大切なのです。

震えるバナー

関連記事

  1. べへニルアルコールって何?50代のお肌に悪い?

  2. 50代は美容クリームで肌を乾燥させるスキを与えない!

  3. 50代は美容クリームをたっぷり使うことが大切?

  4. キャメルやベージュのリッチな色が似合うのは50代!だから美容クリームで…

  5. 50代のシミやシワにはどんな美容クリームがおすすめなの?

  6. 50代の女性が老けて見える原因はシミやシワじゃない!たるみだ!美容クリ…

  7. 美容クリームが50代におすすめな理由

  8. 50代の敏感肌の私がエタノール入りの美容クリームが苦手な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代の肌悩み別美容クリーム

  2. 50代の肌悩み別美容クリーム

  3. 50代の私が使った美容クリーム