化粧に無頓着の50代の母が使っている美容クリームは「ヤクルト」

50年代後半の母をもつアラサーです。大学入学から上京したので、今現在は母と離れて暮らしています。最近子どもを出産し親となってから、これまでの母の苦労が分かるようになりました。自分のスキンケアもままならない忙しい毎日を送っています。

 

私の母は、まだ働いているのですが基本的に化粧には無頓着で、普段も薄化粧です。それでも50代後半にしては、肌ツヤもよく色白で、実年齢よりも若く見えます。

 

なので、あまり化粧品には詳しくないはずの母が普段はどんな化粧品を使って、 綺麗な肌を維持しているのか気になり、どんなものを使っているのか化粧品のブランド名を聞いてみたことがあります。

 

すると教えてくれたのがヤクルトで作っている化粧品とのことでした。特にヤクルトの美容クリームであるリベシィモイスチュアクリームが母にはとても合うようで愛用しているとのことでした。

 

娘の私によくヤクルト製品を送ってくれていたのは、50代の母の美容クリームが「ヤクルト」だったから

もともとヤクルトレディがいつも職場まで配達に来てくださり、そこでヤクルト飲料などを買っていたそうですが何かのキャンペーンの際に化粧品を勧められ、特にこだわりのなかった母はヤクルトの化粧品なら肌にも良さそうだと思い、試しに使ってみたのがきっかけだったようです。

 

そうしてヤクルト化粧品を使い始めて肌はどう変わったかというと、一番はハリが出て来たということでした。また、ヤクルト化粧品は肌なじみが良いのでつけていても気持ちがよく、朝起きて洗顔している時から肌が潤っているのが実感できたとのことでした。

 

ヤクルト製品らしく、乳酸菌由来の保湿成分で優しく肌を保護してくれるようです。

それから母は私にもよくヤクルト製品であるハンドクリームや洗顔料、化粧水といった商品を贈ってくれるようになったのですがその理由も分かったように思います。

 

慣れ親しんだ「ヤクルト」の化粧品は敏感な肌にも合っていて使いやすい

とにかく慣れ親しんだメーカーの化粧品というのが母の背中を押したように思います。私も今ではすっかりヤクルト化粧品のファンです。私も使っていて、刺激の強い化粧水とかだと少し疲れている時などはピリピリしがちなのですが、ヤクルト化粧品はそういうことがありません。幅広い層に受け入れられやすいものだと感じました。

今、私自身が育児の大変さを痛感し、母はよく兄妹みんなを育てあげたなととても感謝しています。母は50代になって子どもが皆独立し、ようやく自由な時間が持てるようになったといっていました。

これからは自分に時間もお金も使い、なりたい自分になって、人生を父と楽しんでくれればいいなというのが私の願いです。

▼▼▼ヤクルト美白お試しセットはこちら▼▼▼

震えるバナー

関連記事

  1. 敏感肌で肌トラブルが絶えない50代の私はオールインワンの「シミウス」

  2. 夜勤で肌荒れしていた50代の私のオールインワンは「パーフェクトワン」

  3. 20代から美容クリームを使っている50代の私が、最終的に使ったのはオー…

  4. ドラッグストア巡りが趣味の50代の私の美容クリームは「キュレル」

  5. 商品名にもある通り、50代の私のオールインワンは「50の恵み」

  6. 50代の私は2種類の美容クリームを肌状態によって使い分けてます

  7. 子育てが終わり、ようやくお手入れを始めた50代の母の美容クリームは「5…

  8. 仕事も忙しく体力もない50代にはオールインワンは大助かり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. エンビロンを使った50代の口コミ

  2. エンビロンを使った50代の口コミ

  3. 50代の私が使った美容クリーム