50代で美容に目覚めた私の美容クリームはドラッグストア購入の「50の恵み」

年代は50代前半です。仕事はフルタイムの事務職です。11年前に派遣社員として社会生活に復帰し、5年前に正社員に切り替えていただきました。

主人と娘二人、猫二匹、で生活していまして、朝起きてから夜布団に入るまで、多忙な日々を過ごしています。
肌の老化を、危機感を持って感じた時、私は50歳という年齢でした。次女も大学生になり、娘達と一緒にSNSに触れる機会が増えている時期でした。

とある休日の朝、スマホをいじっている時、誤ってインカメラをオンしてしまい、下向きの私の顔が映し出されたのです。
スマホに映し出されたのは、口元のたくさんの皴でした。明らかに深いと思われる皴も存在します。肌の大敵は乾燥である、と強く感じました。

保湿効果の高い美容クリームを使おう、と即断しました。しかし、高額は出せません。化粧品を扱っているドラッグストアで、お手頃な値段の商品を選びました。
商品名は『50の恵(めぐみ)』です。

 

50の恵みを選んだのは、価格と50代に必要な美容成分が50種類も配合されていること

 

選んだ決め手は、ずばり、そのコンセプトです。50歳の女性に必要であろうと思われる養潤成分が50種類も配合されているのです。
実は、若い時から、肌が綺麗だと言われてきました。言い換えると、肌に自信があったので、基礎化粧品での保湿効果をおざなりにしてきたと言えるかも知れません。

大学生の娘達が洋服やコスメに傾ける熱量は半端ではありませんので、母である私に対しても、参考になる意見を伝えて良い商品を勧めてくれます。しかし、そうした意見を聞いていると、余計に年齢の違いが浮き彫りになります。

だからこそ、年齢を前面に出したコンセプトに惹かれました。ロート製薬さんが開発していることも、購入を後押ししました。安心できます。

 

50代の恵みの美容クリームは、大手が作っているだけあって使い心地もとても良かった

使ってみた感想は、非常に良いです。当初は、しっとり感に慣れませんでしたが、現在では、夏場でも多少しっとりしている方が安心できます。皴には乾燥が大敵ですから!

しばらくすると、さらに、5つの美容オイルが配合されたオイルインタイプが発売されるようになりました。

もちろん、迷わず購入しました。オールインワンタイプなので、これ1本だけで済むところも気に入っています。忙しい私に、時短は必須です。
これまで1年半以上使用していますが、トラブルは全くありません。別途で購入したリンクルケアの商品とも併用できています。

50代という私の年代は、まだまだ若くて現役であると認識されるようになりました。

ほぼ100%の女性が美容に気を遣っています。遅まきながら、私も、顔だけでなく首や手足の肌についてもケアをしていきたいと思います。そして顔は、クリームだけでなく表情筋のトレーニングを続けたいと思っています。

震えるバナー

関連記事

  1. 50代の私は2種類の美容クリームを肌状態によって使い分けてます

  2. 50代のしみが気になる母に選んだのが「エビータ」の美容クリーム

  3. 50代の肌にも自信を与えてくれたSONOKOの美容クリーム

  4. 肌悩みが尽きない50代の私の美容クリームは「ポーラ」

  5. 50代の肌をツヤツヤに導いてくれた美容クリームは米ぬか美人NS-K

  6. 良質の美容クリームでケアすれば50代の肌はよみがえる!

  7. 50代の私はコンディションで美容クリームを使い分け

  8. 50代の私はエリクシールの美容クリームでエイジングケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

クリームファンデランキング

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代の美容クリームの口コミ

  2. 50代の美容クリームの口コミ

  3. 50代の美容クリームの口コミ