50代は「黒クマ」が一番厄介?病人みたいで不幸そうに見える?

目の下にクマができると、疲れて見える、不健康そう、老けてみえる、などなど。
ネガティブな印象しか生まれません。

しかし睡眠を十分に摂っているのにクマができている。メイクを落としたらげっそりとクマができているという人は、たるみによってできる「黒クマ」である可能性があります。

一口にクマと言っても、3種類に分類でき、それぞれ原因が違うので、ケアの方法も違います。

まず、睡眠不足や目の酷使などでできる青クマ。
これは血行不良によって起こるものです。血行が悪くなると血液中の酸素量が減少すると、ヘモグロビンが変色して黒みを帯びます。それが皮膚に透けて青く見えるのです。
3種類のクマの中でも一番直しやすいのもこの青クマで、マッサージやホットタオルなどで血行を促進することで解消できます。

次に茶クマです。茶クマとは落とし切れないメイクが酸化して色素沈着したり、クレンジングなどの強い摩擦によってメラニンが集まった結果できたものです。
改善のためには、美白効果のあるスキンケアを使うことです。

最後に黒クマです。下まぶたのたるみが原因で起こります。たるみやシワができると、目元に影ができます。それがクマのように見えるため影クマとも言われます。
加齢によって真皮に存在するヒアルロン酸やコラーゲンが減少することでハリがなくなり、たるみが生まれ、クマとなってしまいます。

 

まずはたっぷり水分を与えてアイクリームでケアしよう

  たるみは表情筋の衰え、肌のハリがなくなることの2つの要因によって起こります。 ですから、顔のエクササイズをして表情筋を鍛えることと、ハリ感がでるようなスキンケアをすることが必要です。

肌のハリは水分不足、紫外線やストレスによって体内で発生する活性酸素によって失われてしまいます。 ですから、まずはたっぷりの水分を与えることです。さらに50代は油分も減少していますので、与えた水分が蒸発しないようにフタをします。

目の下は特に乾燥しやすいので、顔全体に使用できるような美容クリームだけでは物足りません。 美容クリームよりも栄養分も油分も濃密に配合されているアイクリームを使いましょう。

この時、コラーゲンの生成を促進するような成分を選ぶと良いでしょう。 レチノール、ペプチドが有名なところです。 美白成分でもあるビタミンC誘導体もコラーゲン生成の働きがあります。ビタミンC誘導体ならば肌を明るくし、透明感をもたらす効果も期待できますので一石二鳥です。

 

日々のスキンケアで確実に見た目年齢は変わる

 

黒クマができると表情まで暗く見せてしまいます。 正直に言うと、できてしまった深いシワやたるみはスキンケアだけでなくしてしまうことはできません。

美容整形クリニックでも100%なくしてしまうことは不可能ですし、仮に施術をしても、時間が経つとたるんできます。 アンチエイジングとは現状を維持すること、老化スピードを遅らせることです。

けれど、日々のスキンケアを大切に積み重ねることで、確実に見た目年齢は変わってきます。 綺麗になることに遅いということはありません。 今からでも気になる方はアイクリームでのスペシャルケアを始めてみてはいかがでしょうか。

▼▼▼おすすめのアイクリームセット▼▼▼

震えるバナー

関連記事

  1. チャームポイントだった大きい目が、お手入れしないと50代になって老けて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. エンビロンを使った50代の口コミ

  2. エンビロンを使った50代の口コミ

  3. 50代の私が使った美容クリーム