50代に人気のドモホルンリンクルは一般的に見て高い?

ドモホルンリンクルは高価な化粧品と言われています。

デパートで販売しているわけでもなければ、誰もが知る外資系のブランドでもない。

通信販売の化粧品でありながら、これらの化粧品と変わらない、物によっては高価ということで購入を躊躇う人もいます。

特に、50代以上の年代の人にとって、通販は格下の存在と感じる人も多いのではないでしょうか。

ただ価格を見ていると、個人的に高価すぎるという印象はありません。

一番高い商品が「クリーム20」が30gで14,040円(税込)です。

3万円以上の美容クリームが多く販売されていて、ファンデーションやアイシャドウなどのメーキャップ製品でも1万円を超えるものが出ている昨今、年齢肌化粧品としては適正な価格と感じます。

 

ドモホルンリンクルの商品を一度使うとその良さがわかる

 

たしかに、ドモホルンリンクルの無料セットを試すと

「手持ちで代替するのは違う気がする」、「このモチモチ肌になるには、全部一気に変えないと意味がない」という気持ちにはなります。

他ブランドの基礎ラインのトライアルなどを使った場合、好印象ならば、なくなりそうな製品からちょっとずつ変えていこうかなと考えます。

しかしドモホルンリンクルの場合、全部一気に変えたい願望になるのです。

それくらい基本4点の調和が取れているのです。

それで、基本4点を一気に買うと、35,640円(税込)になってしまいます。

洗顔石鹸や光対策素顔ドレスクリームを含める8点になると64,800円(税込)にもなります。

これを一気に支払うこと考えると確かに高いと感じます。

おおよそ朝晩使って2ヶ月分なので、基本4点だけだと1ヶ月あたり17,820円です。

 

安価なアンチエイジング商品を色々使うより、納得いく商品をずっと使うほうがよっぽど安い

 

ただ、ここまで計算を進めてくると、安価なアンチエイジング化粧品を使って、効果があまり出ないからと、目についた新しい製品を次々と購入したり、エステに行ってみたりなどしていたら、あっという間に使ってしまう額でもあります。

それならば納得のいく良いものを使う方が絶対に綺麗になれます。

確かに最近では、プチプライスでも良質の化粧品はたくさん出ています。

けれどその一方で越えられない壁の存在にも気付きます。

成分表だけ見れば、1%前後しか配合されていない美容有用成分しか変わらないようにも思えます。

でも肌に乗せると、驚くほど浸透力が良かったり、使い心地がなめらかだったり、保湿力が長く続いたりします。

配合量、抽出・精製技術の高さなどを、文字通り肌で感じることができます。

特に50代以上の年代になると、肌本来の力が失われてしまいます。

安価なものには、防腐剤や防菌剤なども大量に含まれていますので、感じなくとも肌ダメージが少しずつ蓄積していきます。

ドモホルンリンクルは、天然由来成分にこだわり、安全と言われても肌負担がかかる余分なものは極力省いた低刺激処方になっているので、薄くなった年齢肌にも安心です。

低刺激処方でありながら、じっくりとエイジングケアができる化粧品であるというだけでもおすすめできる理由です。

でもそれ以上に、大人にはワンランク上の上質な化粧品で丁寧にケアして欲しいですね。

▼▼▼無料お試しセットはこちら▼▼▼

震えるバナー

関連記事

  1. ドモホルンリンクルはホルモン剤を使っているという噂?

  2. ドモホルンリンクルは合成界面活性剤を使ってる?それってお肌に悪いの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最新クリームランキング

震えるバナー

殿堂入りクリーム

人気のスキンケアセット

おすすめ記事 注目記事

最近の記事

  1. 50代の私が使った美容クリーム

  2. 50代の私が使った美容クリーム

  3. 50代の私が使った美容クリーム