50代の私は美容クリームを使ってパックします

50代になってから、日頃からどんなに丁寧にスキンケアをしていてもカサカサお肌で肌荒れが解消できず、とても悩んでいました。色々なエイジングのためのスキンケア方法を試して、やっと美容クリームを使った集中パックを行うことで、かなりしっとりとした美肌づくりができるようになりました。

50代というのは、まさにお肌の老化も本格化してくる年代です。40代までは、なんとか普段通りのスキンケアを行うことで、まずまずの肌状態を保つことができたという状態でしたが、さすがに50代をすぎると肌質は今までとは全く別物という感じになるので従来の洗顔からローション、乳液、美容液というステップだけではとうてい乾燥肌を改善するには至らないのです。

 

プチプラでも良いからたっぷりのクリームを使うことがポイント

私の場合は、いくつかのエイジングケアの方法を試して見てその中でもっともお肌の若返りに効果的だった方法が美容クリームを使った寝る前のパックでした。美容クリームは決して高級タイプのものではなくても大丈夫で、基本的にはプチプラの美容クリームで十分でした。それなら惜しまずにたっぷり顔全体を覆うぐらいに使うことができますし、このたっぷり使うということがすごくポイントになっていると思います。

美容クリームのパックのやり方は、夜洗顔をしたあとにイオンスチーマーを顔に当ててしっかりと毛穴を開いてあげるようにします。このケ毛穴を開く作業は寝る前にはちょっと面倒になる時もありますが、このステップを省略するとお肌への効果のでかたには大きな違いがあるので気をつける必要があります。

イオンスチーマーで毛穴をしっかり開いてから、美容クリームをたっぷりと顔全体に厚塗りしていきます。この時に私はあまり指先でマッサージをしてクリームを擦り込むということをしません。以前は丁寧に美容クリームでマッサージをしていたのですが逆に肌にポツポツができてしまったのでそれ以来は避けています。

 

50代の私の肌はクリームパックで見違えるほど綺麗になりました

 

肌に美容クリームをたっぷり塗って上からパックのシートを被せます。さらにこの上から電子レンジで熱々にした蒸しタオルを乗せて美容クリームの保湿成分や美容成分をしっかりと浸透させるだけのシンプルステップです。

このパックは毎日やると、逆効果でブツブツができる原因になります。つまり美容成分を与えすぎることも肌荒れの原因になってしまうので気をつけるようにしたほうがいいです。オススメはだいたい週に2日ぐらいで十分です。

この方法でエイジングスキンケアをするだけで1ヶ月もすると驚くほどの変化がお肌に出てきます。つやつやでプルプルのお肌になるのであまりの違いに自分のお肌ではないように感じてしまいます。

震えるバナー

関連記事

  1. 50代の私は話題のマダムジュジュでクリームパックしています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。