乾燥がひどい50代の私の肌にはプチプラ美容クリームは効果なし?

この記事は3分で読めます

50代後半です。仕事は親の介護や家事があるので、在宅ワークが主になります。以前、OLをしていた頃は若い世代の女性社員や派遣スタッフと接することも多く美容についての情報も色々と得ることが出来ていましたが、今は雑誌やネットからの情報が主になっています。

 

私は58才になります。夜、メイクをクレンジングクリームで落として蒸しタオルをあてた後にぬるま湯で洗い化粧水も何もつけずに放置しておくと肌は完璧に乾燥し自力で皮脂は出てこないですね。こんな時に肌の老化をつくづく感じます。特に口元の乾燥が凄いです。言葉では言い表せません。

 

50代の私が使っている美容クリームは「極潤プレミアムヒアルロンオイルジェリー」

 

夏を迎えるにあたり化粧品も少しづつ夏向けに切り替えています。美容クリームに関しては、つい最近まではロート製薬の肌ラボシリーズの「極潤プレミアムヒアルロンオイルジェリー」を使っていましたが、気温が上がりだし湿度も高くなりだし汗もかくようになったので、そろそろクリームも少しさっぱりしたタイプのものに切り替えていく必要性を感じていました。

 

この時期になると女性雑誌などでは「オールインワンジェル」の広告や記事が増え、各化粧品メーカーさんも「オールインワンジェル」の販売に力を入れているのが感じられます。

 

私も夏場は、火照った肌にオールインワンジェルを塗ると冷んやりとして気持ちいいので化粧水の後に塗ったりしますが、私くらいの年齢になると夏でもジェルだけでは、肌のキメや乾燥、潤いやくすみを改善できなくなります。

 

50代女性にはジェルでは物足りないからやっぱり美容クリーム

 

やはり、寝る前には美容クリームが必要になってきます。そこで最近ドラッグストアで色々と物色し試してみて買ってきた美容クリームが「50の恵みシリーズ」で、商品名は「コラーゲン養潤クリーム」です。値段は税込みで1559円でした。この商品を選んだ決め手はいくつかあります。

 

まず店頭で試した感触です。さらっとしていてクリームとしての程良い重さがありベタつき感はありません。香りについては無香料ではなくてほんのりと香りがしますが気にならない程度の香りです。価格も手頃で容量が90gという点も気に入り購入しました。

 

使う前にクリームの説明書を読んでいるとこのクリームには「ローヤルゼリー」「三種類のコラーゲン」と「ベビーコラーゲン」「ヒアルロン酸Na」「CoQ10」などの成分が含まれていて、これらの成分が肌に潤いとハリを生み出す効果をもたらすと説明されてました。

 

使ってみた感想は、肌につけた感触はフンワリと馴染むという感じです。クリームを使ってみた翌朝の肌は、いつもよりモチっとしていて、しっとり感もあります。メイクのノリも良かったです。まだ使いだして三日目なので効果を実感するのは、これからだと思っています。このクリーム一つで「美容液、クリーム、パック」の三つの働きがあると説明書に書かれていました。

 

クリームの潤い成分を閉じ込めるとい感じなのかなと思います。夏は美白ケアも気になるところですが、私の場合美白クリームを使うと刺激を感じるので、あまり使いません。それでも秋口になると日焼けしていた肌も徐々に白くなっていくので、普段の手入を怠らなければそれなりに、肌のターンオーバーも正常に働くのではと感じています。

 

50代の私が思うことは、美容クリームはネットやメディアに騙されないで試して良いものを使うこと

 

 

私の年代は50代後半です。私が40代前半の頃はまだバブル景気の名残がありましたので、化粧品も外資系メーカーの高価な化粧品が人気があり、私もエスティローダーのナイトリペアやクリニークの化粧水なども使ってきました。

 

特にクリーニクについては、当時混合肌だった私にとっては、化粧水をコットンに含ませて汚れをふき取るということに関心があり、店頭での肌質診断でも混合肌と出たので暫く使っていました。確かに汚れはとれましたが、こういう肌の手入は本来自分の肌が持っている大切な皮脂まで奪ってしまうといことを、後で知ったのです。

 

クリニークは美容部員の方も白衣とかを身につけていて、医療美容に近いイメージを消費者に与え、肌に何かを加えることよりも不要な汚れなどを取り除いて肌をキレイにするという主旨の化粧品メーカーだったと、今振り返って感じています。

 

肌の老化は30代半ば過ぎからはじまってきます。若い世代の方はネットやドラッグストアなどでも化粧品を手に入れることが簡単にできて、私達世代よりも恵まれた環境にあります。一つのブランドやメーカーの美容や肌の手入に関する対策や提案に固執することなく、柔軟に情報を収集し自分にあった肌の手入をなさることをお薦めします。

 

日本の化粧品はアジア各地からも注目されていて、その質の良さや容器などにおいての細やかさについても高い評価を受けています。私が今回選んだクリームもよくよく見るとロート製薬という日本の製薬会社の製品でした。若い世代の方たちにも日本の化粧品の良さを見直して頂けたらと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。