面倒くさがりの52歳の私が使ってる美容クリームは割と高め

この記事は3分で読めます

現在50代で主婦30年目で仕事は事務職です。
かなり面倒くさがりで、美容に関しても最低限でやればいいかというくらいです。

 

性格が災いしてかなりの手抜き。ここにきて、母に似たほうれい線が気になってきました。
このままだと、確実に下がる。とちょっとビビってるところです。

 

寝不足で朝起きて鏡を見た時。そこにいるのは10年後の私か?!と思いました。が、残念なことに現在の私でした。
全体的にハリがなく、色もなんとなくくすんだように見え、なにより、生気がなかったのです。
やつれた感じが半端なかったです。

 

ずぼらな50代の私は少々高くても効果のきちんと出る使い方の簡単な美容クリームが良い

 

現在使ってる美容クリームは「FANCL」
商品名は:BCビューティー コンセントレート
値段:6,480円
選んだ決め手:冬のキャンペーンの時、セットにミニサイズが入っていたのでお得感満載で購入を決定しました。

使ってみた感想は、化粧水の後に使用するのですが、伸びが良くて、肌に馴染みやすいです。多少のクリーム付けた感がありますが、それはさほど気になりません。たぶん、他のもそうだと思うので。その上から乳液を付けると、守られている感が半端ないです。

 

クリーム状ですが、ボトルがプッシュ式なので、2プッシュすると一度の使用量となります。この量が決まっているのが、使い過ぎ?少なすぎ?という迷うことがなく、定量ですのでとても使いやすいです。

ずぼらな私には考えなくてよい過程はサクサクと進むので面倒臭さが無くなってとても良いです。

気になる匂いですが、香りともいいましょうか、無臭です。
鼻が利く人がいるなら、微かにクリーム自体が持っている匂いを感じ取ることができるかもしれませんけど。

 

これも、また香りが強すぎる商品に嫌悪感を持つ私には最高でした。

時々、ショップに行ったときに肌診断をお願いします。

 

ファンケルのBCクリームを止めたらお肌のハリあっという間に無くなった

肌の状態がグラフで解るので、それを目安にして種類を増やしたり変えたりしています。
ところが、このBCコンセントレート、私にはちょっと値段が高額で高値(字はあえて「値」)の華でして、お金が無い時は止めたこともあるのですが、これが、肌に直撃。
嘘のように、グラフの数値が低迷。
実際、肌のハリもちょっと悪いかなぁとか、目の下が・・あれ?
と思うほど違ってきていました。もちろん、体調や、疲れが影響しているかもしれませんが、使用している時と、そうでない時は両方を経験していると身をもって理解できます。

 

ケチケチでも手放せない商品です。

なにより、無添加というのがいいです!
肌に悪いものを使用していない、保存料も然り、だからこのサイズで1か月使い切り。

 

 

普通に考えて、長期間、開けたり閉めたりする回数が長いほど、劣化も進むのではないのでしょうか。
その点でも、私のお気に入りでもあります。

残り1週間から10日程になったら、容器の外からも見えるようになっていて、それから買い足せるのも便利だなと思います。

 

50代の私にとって美容クリームはお守り替わり

 

 

50代の私が美容で気を付けていることは、日常生活から気を付けることです。
若いころと比べて、復活する能力が低下しているので、基本からちゃんとしておく、更にそれに+(プラス)するという意識です。
食生活も気を付け、日常生活ではできるだけ日焼けしないように、細目に日焼け止めクリームを塗り、洗濯物を干すときは室内でハンガーなどに干してから、外に出すという感じです。

大事なのが睡眠。これは覿面ですね。翌日に現れます。

 

身体にも表情にも現れるので、できるだけ、遅くても当日、24時までには寝る。スマホ、タブレット、PCは寝る30分前には止使用しない。ということに気を付けて入るのですが、このスマホ関係が・・。難しいです。

 

何かで目にしたときは睡眠1時間前といっていましたが、それは無理なので、自分ルールで30分と設定しています(笑)

それを踏まえた上で、年齢には年齢にあった上質のものを使うしかないのかなと思っています。
私にとってはこのBCコンセントレートがそれにあたります。

 

日常生活、食事・睡眠に気を配る。その上で、一点でいいのでこれは!と思うものを使用する。でしょうか。

大事なことを忘れていました。
化粧水を付けたら、両手で両頬をちょっと上に上げるように包み込む。
クリームを付けても、包み込む。乳液付けたらやっぱり包み込む。
『上がれ、上がれ。今日もお疲れ様』と内心で呟きながら。

と、言うのをやっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。