50代のおすすめ美容クリームはニベア!ドゥ・ラ・メールと成分もおなじ?

この記事は3分で読めます

私の年代は50代です。仕事は通信教育の添削の仕事をしています。若い頃は身体を動かす機会も多かったのですが,今はすっかりスポーツとは縁が遠くなり家事や育児に仕事に追われています。趣味はあまり上手ではありませんが,楽器演奏です。

 

 

 

最近急に顔のくすみを感じるようになりました。しわなども目立つようになり自分の鏡を見ると,老けたと思う時が増えました。またアトピー肌なのですが,顔にも時々湿疹のようなものが出来るようになり,顔だけではなく身体全体の代謝の悪さを感じるようになりました。

 

 

50代の私が目を付けた美容クリームはニベアの青缶

 

 

 

美容クリームを使っているのは凄くシンプルです。商品名は「ニベアの青缶」です。値段は一缶600円前後です。選んだ決めて手はまず商品がとても安いことです。また昔からあるベストセラーなので親しみは感じていました。

 

選んだ決め手は,ニベアの商品には海外の高級な化粧クリームに入っている配合成分がニベアにも入っているというネットでのニュースを見たことからです。

 

 

マドンナなどの海外セレブが使うその高級なクリームは「ドゥ・ラ・メール」という商品で日本で買うと33,000円くらいします。

 

 

配合成分がほぼ酷似しているというネットニュースでニベアの青缶を買った人も多かったかもしれせん。そのニュースを見たのは冬だったので,肌も乾燥していていました。早速「ニベアの青缶」を薬局で買うことにしました。他の基礎化粧品を使っていましたが,それほど肌が改善する見込みはありませんでした。

 

 

それまで使っていた基礎化粧品をやめて「ニベアの青缶」に変えたのはそれまで使っていた基礎化粧品を揃えるのも贅沢だと感じたからです。

 

 

収入の少ない仕事しかしていない,特に美容を気を付けたら誰かが褒めてくれるわけでもない私が毎月1万円近く使うのはもったいないと感じたからです。

 

 

選んだ決め手と使い続けている理由は一番は値段が安いということと,値段が安い故にたっぷりと使えることです。寝る前にパックとしても使えることです。

 

 

ニベアの青缶詰は50代の乾燥肌やアトピー肌の美容クリームとしても使えます

 

 

 

使ってみた感想は,最初は昭和の香りがすると思いました。少し苦手な人は苦手な香りかもしれません。それまで使っていたクリームよりはもっさりしていたけど,とにかく沢山つけられることでパックとして利用しています。乾燥肌なので,お風呂上りや寝る前につけておくと少し肌がしっとりとします。

 

 

お風呂上りに塗ったニベアクリームは最初は顔が真っ白になりますが,この状態がパック効果があるということです。

 

 

毎日ではないですが,たっぷりと塗ることで肌が綺麗になればいいなと思っています。ニベアの青缶は顔だけではなくて,勿論ボディクリームなどにも使えます。

 

私はアトピー肌なので乾燥している部分にも塗ることが出来るのでとても重宝しています。今では定期的に買って家にストックしています。

 

 

50代じゃ手遅れ!40代後半からは美容の意識をすることが重要です!

 

 

 

年代も40代の後半になると綺麗にしている人とそうでない人との差が激しくなります。私は美容に凄く気を付けているわけではありません。

 

 

お金をかけているわけでもありませんが,食べ物など身体に入れるものは割と気を付けています。野菜は沢山食べますし,また添加物の多いものや砂糖が沢山入ったものなどはなるべく身体に入れないようにしています。

 

 

また身体を冷やすといけないし,元々冷え症もあるので冷えないように健康に気を使っています。健康が美容にもなると思っているので,健康第一です。

 

 

本当はスポーツなどをして身体を鍛えたいところですが,時間的体力的な余裕がないので残念ながらあまりしていません。時々夫とウォーキングしたり家でヨガとか体幹トレーニングはしていますが,それも時々です。

 

 

時間が出来ると近くのスーパー銭湯などに行ってサウナに入って汗を出して,身体の中の毒素を出すデトックスをしています。また岩盤浴なども普段汗をかかない私にはとても美容の効果も感じます。定期的に行ければいいのですが,時々自分の贅沢の為に行っています。

 

また身体は足から冷えるので,3本指や5本指靴下などを履いています。心なしかこれを履いている時は身体が冷えにくくなっています。

 

出来る時に出来ることをしているだけです。全く気にしないと汚いおばさんになってしまうので,美容クリームを使って身体のメンテナンスをすることや体重を維持することは守っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。